忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


                …━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
                  時計の歴史を刻む名作シリーズをご紹介
                ‥━━*・‥…━━*・・…━━*・‥━━━*

       ┏━━━┓           
      ┏   ┃   ┓
     ┏    ┃    ┓
━━━┃   ━・    ┃━━━━━━━━━━┃Enjoy Watch vo.194┃
     ┗         ┛
      ┗       ┛
       ┗━━━┛


/// CASIO G-SHOCK 高輝度バックライト GD-100-1B



ここのところGショックの新作と言えば

原色あふれるカラーリングのモデルばかりでしたが

元来の質実剛健なGショックファンには久々に待望のモデルかも知れません。



どうでしょう?



カラフルGショックで新しいファン層獲得に成功したCASIOさんは

無骨なGショックをこよなく愛する我々を見捨ててしまったのか!?

という嘆きの声を聞いたか聞かずか、本当に突然GD-100という直球を

何の前触れもなく投げてきたので、思わず怯んでしまいそうです。



いわゆる『何の変哲もない』Gショックに仕上がっている上に

このニューモデルの売りは『明るいバックライト!!』という、

これまたド直球のセールスポイントで勝負して来ましたよ。



でもこれがまた、

こういうGショックが、ちょっと好き… という人々に受けるのかも知れません。



だって素人から見たら、決して新しい感じはしないですし

今回のGD-100-1Bは、反転液晶だから渋い!!

なんて言うのは、結構なマニアでなければ有り得ないでしょ?

しかし、そこに魅力を感じた貴方は、仮にGショック検定なるものがあるとしたら

相当な上級者ですよ。 きっと…



そんなこんなで、今回のGショックはCASIOが行き詰った結果

無理やり生み出したモデルなのか、この時代に『あえて』登場させたモデルなのかは

皆さんの感性で判断してもらうしかないんです。



さて、定番となるか、駄作で終わるのか?

お手並み拝見と行きましょうか!!



PR
コメント
お名前
タイトル
メール
URL
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  非公開
トラックバック
この記事にトラックバックする
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
(10/23)
(10/19)
(10/05)
(06/06)
(06/01)
(05/25)
(05/11)
(05/09)
(04/26)
(04/13)
(04/06)
(03/23)
(03/02)
(02/24)
(02/14)
(02/14)
(02/07)
(01/20)
(01/18)
(01/06)
(12/31)
(12/23)
(12/18)
(12/09)
(12/02)
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
商品紹介
フリーエリア
  • SEOブログパーツ
PR

[PR]